マリーナベイサンズ

2010年6月にオープンし、今やシンガポールのメイン観光地になった大型複合施設。「タワーエリア」と「ショッピングセンターエリア」の2つに分かれており、通路でつながっています。


1.タワーエリア

サンズ・スカイパーク

地上約200m、3棟の連なるタワーの56・57階に広がるパーク。宿泊者のみが入れる「インフィニティ-プール」と誰でも入れる「スカイデッキ展望台」に分かれています。また、「ク・デ・タ」「スカイ・オン・57」「チョコレート・バー」の3つのレストランが営業しています。

サンズ・ホテル
地上約200m、3棟の連なるタワーの54階まではホテルになっています(客室数2561室)。19階より上のデラックス・シティビュー・ルーム以上のクラスでは、部屋から美しい景色を堪能できます。



2.ショッピングセンターエリア

ショップス・アット・マリーナ・ベイ・サンズ
高級店からカジュアル店まで300店舗以上がつどう超大型ショッピングモールで、敷地面積70,000平方mをほこります。ジャンルの多さと幅広い年齢層に対応した商品がそろい、ショッピングやグルメを思う存分楽しめます。

マリーナ・ベイ・サンズ・シアター
合計1,680人を収容できる2階席までの「サンズ・シアター」と2,155人を収容できる3階席までの「グランド・シアター」の2ホールがあります。

クリスタル・パビリオン
全面ガラス張りのユニークな建物で、北側の「ノース」にはルイ・ヴィトンショップ「アイランド」、南側の「サウス」にはロサンゼルスのナイトクラブ「アヴァロン」が入っています。

マリーナ・ベイ・サンズ・カジノ
合計敷地面積15,000平方m、4フロアに渡る巨大なホールに豪華なシャンデリアが彩を添えるランドカジノです。ブラックジャック、ルーレット、スロット、バカラ、ポーカーなど合計13種類のカジノゲームが楽しめます。

イベント・プラザ
ショッピングセンターの外に広がる、マリーナ湾に面したウッドデッキです。毎夜2回開催される幻想的な光と水のショー「ワンダー・フル」の会場になっています。


(参考文献:シンガポール/JTBパブリッシング)


k001b


コメントを残す