香港上海銀行(HSBC)&中国銀行

香港が中国屈指のパワースポットである理由は、中国北西部の崑崙(こんろん)山脈で発生した大きなエネルギーがあたかも龍の通り道を描くように中国大陸に流れて広がっていくからです。

そして、龍穴と呼ばれる風水エネルギースポットがちょうど香港島の中環にあたり、この地に香港上海銀行や中国銀行、長江実業などの金融系大企業が集中しているのです。

香港上海銀行(HSBC)や中国銀行は非常に奇抜で不思議な形の要塞建築ですが、これは風水の影響を受けた創りになっているからです。


1.香港上海銀行(HSBC)

ビル屋上には大砲に見立てた窓拭き用ゴンドラオブジェが設置され、崑崙(こんろん)山脈からの金運龍脈を社内に充満させるため1階部分は吹き抜け構造に、2つのエスカレーターは8の字状になっています。

また、ビル入り口には2頭のライオンが鎮座し、開口しているライオンが金運を取り込み、閉口したライオンがその運気を逃がさないように守っています。


2.中国銀行
ビル屋上の鋭角が鋭く、「香港の金融界を制圧する」という風水学的意味がこめられた70階建てのビル全体は、まるで刃物の形の建築物に見えます。

また、壁面にデザインされた三角形は五行で「火」を意味しており、その三角形の組み合わせでできた×印には「他を寄せ付けない」という意味があります。


(参考文献:まっぷる海外香港マカオ/昭文社)


k001b


コメントを残す