シンガポールってどんな国?

概要
●公用語:英語、マレー語、中国語(北京語)、タミル語
●宗教:中国浄土系仏教(約33%)、キリスト教(約18%)、無宗教(約17%)、イスラム教(約15%)、道教(約11%)、ヒンズー教(約5%)など
●首都:シンガポール
●政治形態:国家資本主義
●人口:約517万人(2010年世界第112位)
●GDP:約2,227億ドル(2010年世界第40位)
●一人あたりのGDP:約43,116ドル
●民族構成:華人(約77%)、マレー人(約14%)、インド人(約8%)など
●国家成立:1965年(マレーシアより独立)


日本文化
シンガポールは以前イギリス領だったこともある場所であり、日本からも占領されていた過去があるため、完全な親日国としにくい面もあります。

現在は人口密度世界1位。国民一人当たりの購買力は世界3位であり、富裕層の多い国としても有名です。

日本製品が街中でも多く販売されており、そういう意味では日本とつながりが深い国とも言えます。


治安
シンガポールは別名「警察国家」と呼ばれるほど公権力が強い国です。

街中でゴミを落としたりツバをはいたりしただけで罰金を取られ、さらに麻薬を所持しているだけで死刑になるなど、罰則規定が非常に重いです。そのため、治安は世界一と言っても良いくらい良好です。

しかし、スリやひったくり・詐欺のような犯罪もなくはないので充分注意しましょう。日本にいる時と同じような対処法をとっておけば充分です。


カジノ
シンガポールには、「リゾートワールドセントーサ」と「マリナーズベイサンズ」の2つの政府公認カジノがあります。

両施設とも豪華なリゾートホテルで、優雅にカジノを楽しむことができます。また、カジノ以外のエンターテインメント施設が充実しているので、観光客も多く来訪しています。


k001b


コメントを残す